Blog&column
ブログ・コラム

廃材の処理方法と流れ

query_builder 2023/12/01
コラム
49
廃材の処理方法でお悩みの方も多いのではないでしょうか。
この記事では、廃材の処理方法と流れをご紹介します。

▼廃材の処理方法と流れ
廃材は産業廃棄物に分類されるため、専門業者に適正な処理をしてもらう必要があります。
廃材の処理の流れは、以下の通りです。

①分別・保管
廃材は、種類ごとに分別し、運搬まで安全に保管する必要があります。
種類により処理方法が異なったり、再資源化が可能な場合があるからです。
分別後は保管場所に掲示板を設置するなど、保管基準に沿った対応が求められます。

②収集・運搬
委託した運搬業者が、廃材を収集・運搬します。
産業廃棄物の運搬を行うには、都道府県から許可を得ていることが必須です。
都道府県をまたいで運搬をする場合には、通行する都道府県全ての許可が必要です。

③中間処理
収集・運搬を終えた廃材は、中間処理を施します。
中間処理の目的は燃やしたり砕いたり、より細かい種類へ分別し廃材を再生処理や最終処分を行いやすい状態にすることです。

④再生処理
再生処理は、廃材を加工して再利用することを意味します。
環境保護の観点から考えると、廃材の再資源化はとても重要です。

⑤最終処分
最終処分とは、廃材を埋め立てることです。
埋め立て方法には、土の中に埋める方法と海に投棄する2種類があります。
廃材を全て埋め立てすることはできないため、排出量を削減したり再資源化して埋め立て量を減らすことが大切です。

▼まとめ
廃材の処理は専門業者に任せ、適正な方法で処理・再資源化することが大切です。
当社では、廃棄物の運搬と再資源化を行っています。
廃材の処理でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 廃材処分費の相場と注意点

    query_builder 2024/01/02
  • 廃材の処理方法と流れ

    query_builder 2023/12/01
  • 特定建設資材廃棄物の内容と再資源化が大切な理由

    query_builder 2023/11/03
  • 資材運搬の安全管理の目的とトラブル防止に必要なこと

    query_builder 2023/10/05

CATEGORY

ARCHIVE