Blog&column
ブログ・コラム

建築副産物は2種類!

query_builder 2022/11/08
コラム
22
建設工事ではコンクリート塊や金属くずなどの「建築副産物」が発生します。
そこで今回は建築副産物の種類について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼建築副産物とは
建築副産物は「建築発生土」と「建設廃棄物」の2つに分けられます。

■建築発生土
港湾や河川など、さまざまな建設現場で発生した土砂などのことを言います。

■建設廃棄物
建物を建てたり取り壊したりする際に発生するゴミのこと。
がれきやガラス、金属くず、木くず、汚泥、廃油などが建設廃棄物に当たります。
現場事務所での作業や飲食などで発生したゴミ(図面や空き缶など)も建設廃棄物に含みます。

▼建設廃棄物の処理方法
廃棄物は法的なルールに基づき、適切に処分しなければなりません。
適切な分別や再資源化が必要ですが、分別が行なわれていない混合廃棄物が多いという課題もあります。
建設発生土や金属くずは、そのまま原材料として使えます。
またコンクリート塊や建設発生木材・建設汚泥などは、原材料として利用できる可能性があります。

▼まとめ
建築副産物は「建築発生土等」「建設廃棄物」の2種類があります。
法律のルールに従い、適切に処理する必要がありますよ。

残土や資材の運搬処理、産業廃棄物収集運搬は「アイエス建興株式会社」にお任せください。
自社所有のダンプカーを使用し、東京都を中心に千葉県埼玉県神奈川県の一都三県にて活動しております。
誠実な対応により皆さまに安心をお届けしてまいりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 廃材処分費の相場と注意点

    query_builder 2024/01/02
  • 廃材の処理方法と流れ

    query_builder 2023/12/01
  • 特定建設資材廃棄物の内容と再資源化が大切な理由

    query_builder 2023/11/03
  • 資材運搬の安全管理の目的とトラブル防止に必要なこと

    query_builder 2023/10/05

CATEGORY

ARCHIVE