Blog&column
ブログ・コラム

建設発生土の種類について簡単に紹介

query_builder 2022/11/01
コラム
21
建築発生土にはどのような種類があるのでしょうか。
「どのような種類があるのか知りたい」という方もいらっしゃいますよね。
本記事では建設発生土の種類について簡単に紹介します。

▼建設発生土の種類
建築工事や土木工事で生じるのが、建設残土とも呼ばれる「建設発生土」です。
建設発生土は以下のように分けることができます。

・第1種建設発生土
・第2種建設発生土
・第3種建設発生土
・第4種建設発生土
・泥土

建設発生土の適用用途は、工作物の埋め戻し・道路用盛り土・土地造成・水面埋め立てなどです。
種類によって、建設発生土の適用用途は違ってきます。

■建設発生土の処理方法
建設現場で出た建設発生土は、専門の業者に搬出や処理を依頼できます。
そのため「どうしたら良いか分からない」と感じるのなら、まずは専門の業者に相談してみましょう。
専門の業者ならば、豊富な知識・ノウハウをもとに適切な対応をしてくれますよ。
「確実に適切な対応をしたい」とお考えでしたら、専門の業者への相談がおすすめです。

▼まとめ
建設発生土は第1種から第4種までに区分され、区分によって適用用途が違ってきます。
どうしたら良いか分からないと感じるのなら、専門の業者に相談してみてくださいね。
建設現場での資材運搬・廃材運搬・建設発生土の処分などは「アイエス建興株式会社」がご相談を承ります。
廃棄物の種類や自治体でのルールに従って適切な処理をしておりますので、遠慮なく弊社までお申し付けください。

NEW

  • 廃材処分費の相場と注意点

    query_builder 2024/01/02
  • 廃材の処理方法と流れ

    query_builder 2023/12/01
  • 特定建設資材廃棄物の内容と再資源化が大切な理由

    query_builder 2023/11/03
  • 資材運搬の安全管理の目的とトラブル防止に必要なこと

    query_builder 2023/10/05

CATEGORY

ARCHIVE